週刊ユキコさん

42歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。 、、、から状況は変わり中学から行き始めた次女は約2カ月通いまた行くのをやめた。小学校へ一応入学した次男は1週間で終了。4人の子どもたちは毎日家にいる。、、、から状況は変わり義務教育を終了した長女は専門学校へ進み不登校は3人に。

困ってることと、信じてること。

 

朝はマッキーの曲をアラームでかけている。

 

 

大好きな曲が鳴り出すと幸せで、その美しさと素晴らしさに聞き入ってしまう。

 

 

そして心地よくなりまたウトウト、、、。

 

 

ああ、止めなきゃと止めて少しするとまたマッキーが歌いだす。

 

 

その美しさと素晴らしさに聞き入る。

 

 

 

心地よくなりウトウト、、、、、。

 

 

 

エンドレス。

 

 

 

 

昨日マッキーの事務所が、スタッフを募集してる記事をナオアキさんが見せてくれた。

 

 

 

マネージャー業務。

レーベル業務。

ファンクラブ運営。

社内デスク業務。

 

 

この中でできる可能性があるとすればマネージャー業務だ。

 

レーベル業務は意味がわからない。

 

ファンクラブ運営は、他のライバルたちをまとめるなんてまっぴらごめんだ。

(優越感は感じられそうだが)

 

 

社内デスク業務は今の私には無理だ。

 

 

 

 

ただ、詳細を読むとマッキーをいくら愛してるからといって務まるわけではないことがわかる。

 

 

私はこれまでと同じに遠くからマッキーを思い続けよう。

 

 

でもいつかお会いできると信じてる。

 

 

ライブの出待ちとかじゃなくて、

 

 

大好きなことを伝えて

握手して

写真を撮れる日が来ると信じてる。