週刊ユキコさん

42歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。 、、、から状況は変わり中学から行き始めた次女は約2カ月通いまた行くのをやめた。小学校へ一応入学した次男は1週間で終了。4人の子どもたちは毎日家にいる。、、、から状況は変わり義務教育を終了した長女は専門学校へ進み不登校は3人に。

『ユキコさんと不登校のお話し会』が『ユキコさんの悩みを聞く会』になってしまった話。

今日は初の試み『ユキコさんと不登校のお話し会』を開催した。

 

当初の予定では私のこれまでの経験から、今まさに悩んだり困ったりしてるママたちの少しでもヒントになればと思って企画したのだが、

 

結果来てくれたのは不登校とは関係ない近しい面々(笑)

 

それでも少しでも不登校の理解のきっかけになればと、私は1人目の不登校から全員行かなくなるまでの流れや気持ちの変化など話した。

 

ところが話の流れから、

気づくと私は今胸の内にある悩みを打ち明けていて、みんなに相談に乗ってもらうみたいな形になっちゃって( ; ; )

 

 

終わった今、素直な気持ちとしては

『やってもーた〜〜』

『調子乗ってもーた〜〜.°(ಗдಗ。)°.』

 

なんだかまだまだ自分の中で未解決のものがあるのにお話し会しようなんてバカみたいだったなとか、恥ずかしいとか、情けないとか、いろんな気持ちがこみ上げて来てしまった。

 

でも、みんなに言ってもらったからこそ気づけたこともあったり、新しい出会いもあったし、新しいことをした自分は褒めてあげたいと思いながらも、、、

 

なんかめちゃ落ち込む、、、(TT)

 

 

プロセスは完璧。

起こるべくして起こる。

出会いは必然。

 

そんなところから見ると今日参加してくれたみなさんはやっぱり集まるべくして集まった人たちなわけで、

だからこれで良かったとも思う!

 

 

ほんとなら明日一日布団かぶって寝てたいとこだけど、それじゃあ今までと何も変わらない。

 

私の中の根深い問題はきっと解決できる。

 

ほんとは根深くないのかも。

それも自分で設定してるだけだね。

 

悲劇のヒロインもう終わりたい。