週刊ユキコさん

42歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。 、、、から状況は変わり中学から行き始めた次女は約2カ月通いまた行くのをやめた。小学校へ一応入学した次男は1週間で終了。4人の子どもたちは毎日家にいる。、、、から状況は変わり義務教育を終了した長女は専門学校へ進み不登校は3人に。

屋根デビュー

サクランボの収穫後の作業として、鳥よけのために施設を覆っている網を目の高さくらいまで上げる作業と、

 

雨が降ったときに下ろして使うビニールの屋根を巻き上げて収納する作業がある。

 

網を上げた状態↓

f:id:yutiko:20180618113628j:image

 

今日は少しだけ残っていた網を上げる作業を終えたあと、屋根を上げてみようかということになった。

 

例年わが家では専門の業者に頼んでいる。

 

でも今年、大変な不作だったわが園では極力出費は抑えたいところ。

 

1人が上で作業して、1人が下で補助的な作業をすれば2人でもできないことはない。(1人でやってしまう人もいる!)


毎年自分たちでやろうか、、、なんて話もするのだが、高いところの作業で危険も伴うし、人出があった方が作業効率も良いという点から出費にはなるが外注しているのだ。

 

できるかできないか、とりあえずやってみよう!
ってなって、

 

 

園主
『じゃあ、ゆっちゃんそっちから登って。』

 

 


『、、、ん、、、、、?(^_^;)』

 

『私、登るの???』

 

 

園主
『とりあえず、結んであるのを全部ほどきたいさ』

 

 


『わ、、、、わかった(^_^;)』

 

 


ハシゴのようなものを登りながら内心

『え〜〜〜〜、めっちゃ高いし〜。
なんで私登るの??
なんで私にこんな危ない事させるの!?
落ちたらどうするの!?(◎_◎;)
心配じゃないの!?』

 

 

高所恐怖症とまではいかないけど、普通に高いとこ怖いし。

でも私にできる事ならやるよ、そりゃあ

ああ、でもなんで私屋根に上がってるの!?( ;∀;)

 

f:id:yutiko:20180618113728j:image


そう、

『大丈夫じゃない私で心配されることイコール愛されてる』

という鉄板のビリーフと未だ仲良く同居してる私にとって、

 

『なんでなんで〜〜???』な事態。


『うちの親なら私にこんなこと絶対させない!』

 


不登校やら子育てに関して理解を示してくれない親なのに、都合よくこんなときは『私を何よりも大事にしてくれた!』
とかなっちゃって。

 

あ〜、我ながらめんどくさい。

 

 

しかも極めつけは、私が命がけで必死にやっていたことは園主の指示と違っていて、結局園主がやり直すこととなり、
余計な仕事を増やすことに(ーー;)

 


あ〜、なんてこと。
ダメな自分。
役立たず。
いない方がいいよ〜〜〜〜!!

少しでも役に立ちたかったけど、完全空回り。

 

 

『ごめんごめん、俺の言い方が悪かったな』
と園主。


『うん、そうだね、、、。』と心の中のつぶやきは口にせず、

 

ポツポツと降り出した雨とゴロゴロとなり出した雷に追われ家路に着いたのであった。