週刊ユキコさん

42歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。 、、、から状況は変わり中学から行き始めた次女は約2カ月通いまた行くのをやめた。小学校へ一応入学した次男は1週間で終了。4人の子どもたちは毎日家にいる。、、、から状況は変わり義務教育を終了した長女は専門学校へ進み不登校は3人に。

私の嫌いなあの人。

 

嫌いな人がいる。

 

こんなふうにハッキリ『嫌い』と言ってしまうことさえ前は罪悪感でできなかったけど。

 

今は、人間必ず『合う人』『合わない人』『好きな人』『嫌いな人』がいることがわかったから言えるようになった。

 

それと同じで私も誰かの『合わない人』だし『嫌いな人』だから。

 

 

 

私の嫌いなあの人は、
お料理が上手。
毎食栄養バランスや色どり、見た目も楽しい食事を家族に提供している。

 

 

私の嫌いなあの人は、
子どもたちのことでもいろいろ忙しいはずなのに、家事でも自分の時間を作ることでも、難なくやってるように見える。

 

 

私の嫌いなあの人は、
子育てで慌ただしい毎日を送ってるはずの頃から、身なりもきちんとしてロングブーツとか履いちゃってた。

 

 

私の嫌いなあの人は、
家族みんなのことを把握して、いつも明るい笑顔でみんなを支えてるように見えた。

 


私の嫌いなあの人は、、、、、

 


なりたい私をそのまま映していた。

 

 

私の『理想の母親像』だった。

そして、なりたいのと同じくらい、自分の母親に求めてた姿なのかもしれない。

 

でも私はどう頑張ってもその理想の母親になれない。
いや、頑張ったらできると思うがやりたくない。

 

 

私は料理も掃除も家事全般そんなに好きではないし楽しめない。

オシャレでもないし、いつも子どものこと家のことでいっぱいいっぱいだった。

 

 

それなのに理想に近づこうと長年やってきたから苦しかった。

 

今は、私には無理なんだ、、、そもそもやりたくないんだということを受け入れたから楽になった。


私のことを嫌いな人がいたら、もしかしたらあなたのなりたい姿が映ってるかもしれませんよ(笑)