週刊ユキコさん

42歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。 、、、から状況は変わり中学から行き始めた次女は約2カ月通いまた行くのをやめた。小学校へ一応入学した次男は1週間で終了。4人の子どもたちは毎日家にいる。、、、から状況は変わり義務教育を終了した長女は専門学校へ進み不登校は3人に。

よくやった、自分!

『変わりたい』

ほんの数年前自分がそう強く思っていたことを久しぶりに思い出した。

 

私は今日『学校の未来フェス』で役30名を前にマイクを持って話をした。

 

夫にいきなり1番バッターを振られ前に出るしかなく、手は震えるわ足はガクガクするわでどうなることかと思ったが、用意した原稿をほぼ読んだだけとはいえ、なんとか喋った。


ほんの数年前の自分が知ったら信じるかどうかわからない。

 

私は変わった。


お風呂に浸かりそんなことを思った時に、そういえば私は『変わりたい』と強く願っていたことを思い出した。

変わるとか変わらないとか、そんなことを考えることも忘れてたが、そもそも『変わる必要なんてなかった』と思える今だ。


自分は自分のままで良かった。

ただ流されて生きていた自分も、今思えばそのときを一生懸命生きていた。

 

そんな自分にただ『頑張ってるね』と言ってやれば良かっただけ。

『もっとちゃんと』
みたいなことばはいらなかっただけ。


今日たくさんの人の前で話した自分。

今朝まで逃げ出したい気持ちでいっぱいだったけど偉かったと思う。
自分にはできるって信じることができたんだ。


お疲れ様。
また少し自分を好きになったね、、、。