週刊ユキコさん

42歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。 、、、から状況は変わり中学から行き始めた次女は約2カ月通いまた行くのをやめた。小学校へ一応入学した次男は1週間で終了。4人の子どもたちは毎日家にいる。、、、から状況は変わり義務教育を終了した長女は専門学校へ進み不登校は3人に。

勉強はどうするの?

子どもたちが学校に行っていないことを伝えると必ず返ってくる質問。

 

『勉強はどうするの?』

 

それに対しいろいろ説明した時期もあるが、今は

 

 

『必要になった時にするんじゃないかな』

 

 

と答えている。

 

 

すると、だいたいの人は

『あ〜、、、そうだよね。』

 

と答える。

 

 

親としたら勉強しててくれたら『安心』だし、

 

『読み書きもできないなんて、、』ということも時として言われないわけではないけど、

 

 

机に向かうような勉強は、それぞれ必要だと感じるタイミングがくればするだろうし、

ずっと来ないかもしれない。

 

 

それより何より、今は家族それぞれに毎日何かを学んでいると思う。

 

何もしていないように見えて、何かを学んでいると思う。

 

それは、ほんの些細な出来事かもしれない。

 

 

『学校でなければ学べないこともあるよ』

なんて、子どもたちが嫌がるようなフレーズを言った時期もあった。

 

でも今は『学校に行ってたらできない』ことを毎日繰り返している。

 

その中に宝物のような学びが散りばめられてるんだと思う。

 

少なくとも私にとっては日々子どもたちの発する言葉や行動が驚きやワクワクの連続だ。

 

『子どもの言うことを真に受けるなんて』

 

ではなく、子どもの発する言葉こそ真実だと、ドキッとさせられることの連続だ。

 

だから私はわからないことや迷ったことや困ったことなんかを子どもたちに相談することも増えた。 

 

 

いつでもニコニコ太陽みたいなお母さん。

どっしり構えて何事にも動じない。

 

そんなお母さんになれたらいいんだけど、

 

いつかなれる日が来るかもしれないけど、

 

今のところ私は心の底から笑う姿も、子どものように泣く姿も、気に入らなくてイライラぷりぷりする姿も、隠さず見せている。

 

それがいいのかわからない。

 

もしかしたら見たくなかった姿として子どもの心に刻まれることになるかもしれない。

 

それでも私は、泣いてもぷりぷりしても、根底には揺るがない幸せがあるから。

 

それだけは確かだから。

 

ありのままの私でいようと思う。

 

そんなことを教えてくれたのも子どもたちだから、、、。