読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊ユキコさん

40歳。4児の母。果樹農家の嫁。 末っ子(年長)を除く上3人が不登校。 夫と2人、それぞれ自分探し中。

妄想科学会社。

・子どもが3人不登校

 

注:標準語だとしっくりこないので方言で

 

平日の昼間、一緒に畑仕事してる子どもたちを見て近所の人たちが

『あの家はどうなってるで、、、。あんなに良い家族に見えるのに、何か問題があるだね。

学校に行かんで畑で遊んでるようじゃ困るじゃんね。勉強もいっさら(ちっとも)しないらしいから、これからどうするずらか。大人になって社会に出て行けんじゃ(行けないなら)困っちもーね(困ってしまうね)親が子供に舐められて振り回されてるじゃねーけ。(ふりまわされてるんじゃないの?)』

 

 

・子どもが3人不登校

 

平日の昼間、一緒に畑仕事してる子どもたちを見て近所の人たちが

『あの家は3人学校行ってないだっちゅーよ(行ってないらしいよ)

だけん(だけど)今の世の中みんないろいろじゃんね。親も無理に行かせようとしんで(しないで)ああやって畑で楽しそうにみんなでやってるだから、たいしたもんじゃんね。

あれなら大丈夫さー。』

 

 

他にも自分責め編、夫責め編、先生責め編などなど、日々止まらない妄想と闘っている。

 

 

暇人だな。